2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2007年10月15日 (月)

エスカレータでキスシーン

平塚駅南口、帰りは何も考えず、ただ、ぼ~っと歩く。
下りエスカレータで、目の前のカップルがキスしてる。

随分長いな、10秒くらい経ったか?
ふーん、女の子が下の段にいる。
ちょっと、背の低い男の子なんだね。
何の恥じらいもなく、堂々としている。

ジェームス・ディーン、ナタリー・ウッドほどではないが・・・。
何の緊張感もなく、自然なふるまいとしてできるのはイイね。

ボクも1~2回体験したことあったっけ?
もっと一緒にいたいけれど、今日はここでお別れ。
また会うときまでの愛情と約束みたいなものかな?
でも恥ずかしいから、せいぜい1~2秒だったよね。

彼と彼女は、手を握って暗い歩道を楽しそうに歩いて行く。
今が絶頂というわけでもないが、後姿が輝いて見えた。
ボクは何もなかったように、コーナーを曲がって家に帰る。
今日も12階のリビングの明かりが点いている。

ドキドキ感はないけれど、帰る場所があるのは幸せなこと。

「ただいま~!」
・・・。

2007年9月27日 (木)

ある独身くんの悩み

時々、世代を越えた若いヒトたちと飲む機会がある。
コスモワールドの観覧車を見ながら数人で飲んでいた。
独身のエンジニア、Nくんからこんな話を聞いた。

紹介されて一緒に飲んだ若い女性とデートをした話なのだが。

メールが来て、水族館へ行って、買物をして、プロ野球を観て。
つきあったもののどうもその気になれず、もう断りたいと・・・。
きょうもメールが来たんだけれど、まだ返信していない。
相手を傷つけることなく、上手に云いたいのがどうしたものか?

それは、今のボクには絶対におこり得ない羨ましい話です。

ボクも世間知らずのバカ学生だったころ・・・。
3回ほどストレートにお断りしたことがあった。
結果的には良くても、相手をどれほど傷つけたことか?
いま思い出すと、みなステキな方だったと後悔したりもして。

本当は、その女性が彼には一番ふさわしい方なんですが。
まだ若いし、他にも色々な経験をしてみたいだろうし・・・。
といっても多忙なエンジニア、女性と知合うチャンスは少ない。
あと5年も経てば、考えも変るかも・・・。そんな時間は無いか。

いくつかの意見は、言わせていただいた。
あとは、本人の頑張りで前に進むしかないですね。

それにしても、「羨ましい話」だね・・・。

今日のカテゴリは、滅多に書くことのない「恋愛」です。

2007年3月27日 (火)

妻、風邪でダウン・・・

夕刻の会社で、ヒーロからスカイメールを受信した。

熱が出て何も出来ない・・・。
プリンと苺と、・・・を買って来て下さいm(__)m。

いつも女王様のようなメールを書くヒトが、何て弱気な文章・・・。
滅多に立寄らない駅のスーパーで買物をして帰った。
こんな時、24時間営業のお店は、ありがたいと感じる。

家に着くと、ベッドには居らず、コタツでじっとしていた。
散々眠って、眠り疲れてしまったようだった。
口調は思ったよりも元気なので、安心した。
顔は、・・・本当だ、かなり熱い。

とにかく食べて、暖めて、眠る。これしかないだろう・・・。
手話サークルの役員をしていて、心配事もあるみたいだ。
適度な心配というのは、ただボーっとしてるよりは良いと思う。
とにかく今は、我慢するしかないよ。

こういう時こそ、家族は大切にしなければいけない。
中国語では、妻のことを「愛人(アイレーン)」という。
日本語のそれとは、少し意味が異なる。

「愛」とは・・・。
心から大切に思う気持ち。
何がなんでも守らなければいけないもの。

いつもは、帰宅するとダラダラとしているが・・・。
キッチンを片付けて、アイロンをかけて・・・。
最後までシャキッとしていた。

今日のカテゴリーは、敢えて「恋愛」にしよう。
・・・。